筆まめ 無料ダウンロード

スポンサーリンク

筆まめ無料ダウンロード

年賀状ソフト筆まめ無料ダウンロード2021の公式サイト
筆まめ無料ダウンロード公式サイト

年賀状ソフトの「筆まめ」は一番有名な年賀状ソフトです
私自身も、Windows時代の前、MS-DOS時代から使用してますので、30年になります
30年の歴史を持つ年賀状ソフトなので、色々と機能などは進化してます

 

初心者さんにわかりやすく動画でも詳しく説明
筆まめ 無料 ダウンロードの解説と制限機能について

 

今年の2021版の無料体験版がありますので、試すことできます
但し、初心者さん解説すると

無料体験版であって、そのまま完全無料で使用できるわけではありません
つまり、それなりの制限機能があり、実際には有料版を購入してもらうための
お試し版になります

実際にダウンロードして使用してみると、分かるのですが、
非常に制限機能がきつくて、使い勝手が不便です

その制限機能とは下記

体験版の制限事項

  • 宛名印刷
    ・連続して印刷することができません。
    ・1枚印刷後に10分間のインターバルが必要です。
  • 住所録作成
    ・住所録から文面ファイルのメール送信ができません。
    ・一覧表の印刷は、連続して複数ページに印刷することができません。
    ・ヤマト送り状印刷、筆まめネットプリント、ご意見ご感想、
    Googleフォトは利用できません。
    ※筆まめVer.31 体験版で作成した住所録は、製品版でそのままご使用いただけます。
  • 文面デザイン作成/印刷
    ・連続して印刷することができません。
    ・1枚印刷後に10分間のインターバルが必要です。
    ・文面に貼り付けてあるイラストなどのデータをコピーできません。
    ・文面を他の画像形式で保存することができません。
    ・文面ファイルのメール送信ができません。
    ・筆まめネットプリント、ご意見ご感想、Googleフォト、賀詞ロゴは利用できません。
    ※筆まめVer.31 体験版で作成した文面デザインは、製品版でそのままご使用いただけます。
  • 収録コンテンツ
    ・郵便番号辞書:約15万件・姓名辞書:約44万件
    ・地名辞書:約12万件
    ・搭載フォント:数字1書体(OCR-B)
    ・そのままデザイン:120点
    ・通年イラスト:940点
    ・写真:20点
    ・定型文章:2,724文例

※このように、多くの制限があり、有料版と同じように操作することができません

筆まめ無料ダウンロードのまとめ

筆まめ無料体験版では、特に印刷機能の制限があります

これが、一番の大きな問題です
実際に筆無料版で印刷すると、1枚印刷すると、2枚目を印刷するためには、
10分間まつ必要があります、さらに同じく3枚目も10分まつことになり、
そのあと、4枚、5枚・・・といったぐらいに、1枚単位で10分待つ制限になります

ただ、2,3枚程度の印刷なら、それでも良いかもしれないですが、
たくさんある場合は、とても苦痛になるかと思います

また、印刷した後に、訂正箇所が分かると、また1枚づづ10分まつので、大変です
完成させるには、年賀状の表裏を印刷するので、1枚に20分以上かかります

つまり、筆まめ無料とは、あくまでも動作確認のために使用して、
実際にはメーカー側からすると、
筆まめは有料版を購入してくださいの意図だと思います

無料版体験版で全てが正常に年賀状作成ができると、有用版が売れなくなりますので、
これは、メーカーとしては、致し方ない仕様かと思います

初心者さんで、はじめて筆まめを使用するなら、制限の一切ない有料版がおすすめです

公式サイトで確認 筆まめVer.31 通常版

スポンサーリンク
スポンサーリンク
年賀状ネット
タイトルとURLをコピーしました